【酒好き必見】ダイエット中の酒はNG?!ダイエット中の酒との正しいつきあい方


ダイエット中には、油ものや甘いものが食べたくなったり、間食をしたくなったりと、さまざまな誘惑が訪れます。

 

特にビールやチューハイ、日本酒などのアルコール類については、「人付き合いで飲まなければならない」「どうしても止められない」など、なかなか止められない方にとっての禁酒は、本当に辛いことだと思います。

 

本記事では、お酒好きさんに必見の、「ダイエット中に心がけたい、正しいお酒の付き合い方」について紹介していきたいと思います。

 

・お酒=即太るは間違い?

お酒というとなんとなくカロリーが高そうな印象もありますし、ダイエット中は摂取カロリーを意識してお酒を避けるべきという意見もあります。

 

しかしお酒が完璧にNGというわけではなく、一日の基礎代謝量を上回るほどの「暴飲」をしなければ問題はありません。むしろお酒が飲めないことでストレスを溜め、それ以外のところで暴飲暴食をしたり、ストレスから体調を崩したりするケースが深刻です。

 

私たちには、それぞれの体格や体質、生活強度、年齢などに応じて「基礎代謝量」が決まっており、その基礎代謝量を超えるほどに飲んだり食べたりすることで、体が余ったエネルギーを脂肪として蓄えるようになります。

 

したがって、基礎代謝量を大まかにでも把握しておき、それを踏まえて一日の食事を考えれば、お酒を飲んでも問題ないということになります。お酒を飲んだからといって、たちどころに太ってしまうというわけではないのですね。

 

また、お酒は体に吸収された後すぐに熱に変換されるため、脂肪として蓄積されにくいという特徴もあります。甘いものや油ものなどと違って、口にしてからしっかりと脂肪として蓄えられていくものではないのです。

 

ただし、お酒がすべてヘルシーかというとそうではなく、甘いカクテルやリキュールなど、糖分が使われているお酒については、糖質が体に脂肪として蓄積されやすいため、摂取量に注意が必要です。

 

ダイエット中の方でも適量であればお酒を飲んで良いのですが、糖質がどの程度含まれているかを確認することが大切です。

 

・酔ってからの飲酒量に要注意

お酒を飲み始めると、いい感じに酔いが回ってきて、もっと飲もう!という気持ちになります。外でお酒を飲んでいると、2軒目や3軒目にはしごをして楽しむこともあるかもしれません。

 

この「酔ってから」の状態こそが、ダイエットにとっての最大の敵。心が開放的になり、ダイエット中であることを横に置いて、どんどんお酒を体に流し込んでしまうと、相対的にカロリーの摂りすぎを招きます。また、お酒と同時におつまみや食事を摂ると、さらに摂取カロリーが増え、ダイエットの意味がなくなってしまいます。

 

普段難なく食事をセーブできる人もそうでない人も、酔ってからが本番です。お酒そのもののカロリーや糖質の量にも注意しつつ、酔った後についつい飲みすぎにならないように、うまくコントロールしながらお酒を楽しみましょう。

 

・ダイエット中のお酒の正しい飲み方

ダイエット中、お酒をまったく飲まなければベストですが、どうしても飲みたい!または飲まざるを得ないという場合には、以下に紹介する飲み方をおすすめします。

 

1、水などとお酒を交互に飲む

お酒が体に吸収されると、アルコールを解毒してから消化され、水分などが外に排出されます。ここで一気飲みなどをすると、体にスピーディに酔いが回ってしまい、暴飲暴食をもたらすおそれがあります。

 

お酒をちょうどいい具合に回らせるためには、水やお茶、またはミネラルウォーターなどを用意して、それとお酒を交互に飲むことをおすすめします。

 

2、おつまみもカロリーに入れる

自宅でお酒を楽しむ場合、お酒のカロリーばかりが気になっておつまみを忘れがちですが、おつまみのカロリーもしっかりと計算のうちに入れておきましょう。

 

極端な話、おつまみにコロッケ1個といかの燻製10本を選ぶのとでは、カロリーの摂取量大きな差が生まれます。この差が積み重なると、体の中で使いきれない余分なエネルギーが増え、どんどん脂肪として蓄積されてしまいます。

 

とはいえ、「お酒のアテがなければ困る」という方も多いと思いますので、糖質や油分が少ないものをはじめ、できるだけヘルシーなメニューを選ぶようにしてみてください。

 

(ラーメンや甘いものなどの炭水化物・糖質をおつまみやシメにすると、1食分程度のカロリーがプラスされてしまいますので要注意です)

 

・まとめ

お酒はダイエットの大敵と言われていますが、お酒の種類や摂取量、さらにはおつまみのカロリーなども含めて計算に入れておけば、楽しくヘルシーに飲酒を楽しむことができます。

 

まったくお酒を飲まないというのもストレスになりますし、友達や職場との飲み会やパーティなど、お付き合いの関係で飲む場合もありますので、そのような状況では、いつも通りお酒を口にしても問題ありません。

 

ただし、糖質の過剰摂取や深酒による暴飲暴食などはNG。知らないうちにカロリーの摂取量が増えていくおそれもありますので、飲みすぎから太りすぎにリンクしないよう、適度にブレーキをかけていくことが大切です。

 

 

【参考URL】

ライザップはお酒OK!

http://www.lifehacker.jp/2015/03/150328how_to_drink.html

http://www.oginai-bito.com/kaso-ken/cat/post_5.html

http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK2002Y_Q3A220C1000000?channel=DF140920160919

http://josei-bigaku.jp/yaseteruosake5566/