内臓脂肪を効果的に落とす方法ってあるの?頑固な内臓脂肪の落とし方


年齢を重ねていく内に、気がつくとお腹がぽっこりしていることありますよね・・・。

それは、内臓脂肪によるもので、さまざまな病気を呼び起こす原因にもなりかねない危険なサインなのです。

頑固で落とすのが難しいと思われがちな内臓脂肪ですが、効果的に落とす方法もあるみたいですよ。

 

  • 内臓脂肪とは?

体につく体脂肪には、内臓脂肪や皮下脂肪と呼ばれるものに分けられます。

皮下脂肪は、皮膚の下にある脂肪のことで、内臓脂肪とは皮下脂肪の内側の、内蔵の周りにつく脂肪です。

皮下脂肪は体の保温やエネルギーを蓄積するためにあり、妊娠や出産をするためにも必要となるため、女性につきやすい脂肪です。つきすぎると太って見えますし体重も増えてしまいますが、それほど健康に影響はないと言われています。

それに対して内臓脂肪は女性よりも男性につきやすく、ある程度は内蔵を守るためにも必要ですが、つき過ぎると健康を害する危険性があります。

 

・内臓脂肪による病気の危険性

内臓脂肪は、内蔵の近くにつくことや、血中に溶けやすい性質であることから、病気を引き起こす原因になりやすいのです。

糖尿病や高血圧、動脈硬化などいわゆる生活習慣病と呼ばれるものは、内臓脂肪によって引き起こされるものが多く、それによってさらなる病気の危険性も増えてしまいます。

内臓脂肪が多いと診断されたら、早めに手を打って減らすようにしたいですね。

 

・内臓脂肪の判別方法

内臓脂肪は、内臓の周りにつく脂肪なので、お腹まわりにつきやすくぽっこりしてくるのが特徴です。

しかし、皮下脂肪もお腹まわりにつきやすいので、自分にどちらの脂肪がついているのか見た目では判別しにくいもの。

簡単に判別するには、体脂肪計付きの体重計で計測することです。

体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪を合わせたものですので、その数値からは判別できませんが、体脂肪計のある体重計には、簡易的ながら内臓脂肪のレベルが分かる機能が付いていることが多いのです。

そのレベルが9以下なら標準ですが、それ以上だと内臓脂肪が多いということがわかります。

 

  • 内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪はなかなか落ちにくいと思われるかもしれませんが、実はつきやすく落としやすい脂肪なのです。

その方法を知れば、内臓脂肪が増えすぎないように注意したり、効果的に落とすことも可能です。

 

・内臓脂肪がつく原因

内臓脂肪はふだんの生活習慣によって簡単についてしまうものです。

たとえば、油っこいものの食べ過ぎ、アルコールの摂り過ぎ、運動不足など・・・忙しく働き、食生活が乱れがちで飲み会の多い社会人の多くの人が心当たりのあることでしょう。

気付かないとどんどん悪化しやすい習慣ですが、少し気をつけるだけでも改善できることであるとも言えます。

 

・食事内容を改善する

まずは、これ以上内臓脂肪を増やさないために、食事内容を見直すことから始めてみましょう。

見返してみると、お肉や揚げ物などの油っこい食事内容が多いことでしょう。

減量が目的の厳しいダイエットではないため、食事の量を制限したり、極端な変更をする必要はないと言えます。

ただ、揚げ物の量を控えたり、食物繊維の豊富な野菜を食べるようにしたり、お肉の代わりに魚にしたり、少しバランスを考えた食事内容にするだけでもいいのです。

 

・お酒の量を減らす

時には飲み会でハメを外すのもいいですが、いつも飲み過ぎてしまう人は、アルコールの量を減らすようにしてみましょう。

お酒を飲むとどうしても油っこいおつまみが欲しくなりますし、お酒が進むにつれ知らず知らず食べ過ぎてしまうこともあります。

毎日お酒を飲むような場合は、週に1日でも飲まない休肝日をもうけることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

・適度に有酸素運動を取り入れる

内臓脂肪が多くついている人は、まったく運動をする習慣がないという場合もあるかと思います。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べてエネルギーとして代謝されやすく、減らしやすい脂肪です。

そのため、ハードな運動をしなくても、毎日少しずつ有酸素運動をするだけでも十分効果を感じやすいのです。

有酸素運動は、ウォーキングやランニング、エアロバイク、スイミングなどいろいろな方法がありますが、器具や準備を必要とせず、もっとも簡単に始められるのがウォーキングです。

たとえば、通勤でひと駅分歩いてみる、昼休みに会社の周りを散歩してみるなど、少しずつでもいいのです。

重要なのは毎日継続することですので、ハードな目標を立てて挫折するより、無理なく始められることが大切です。

 

  • 食事内容と有酸素運動で効果的に落とせる!

ダイエットはなかなか効果が出にくく挫折しやすいものですが、内臓脂肪に限って言えば、少しの食事内容の改善と、簡単な有酸素運動を取り入れるだけで、効果的に落とすことができます。

やってみるとすぐ効果が感じられるので、モチベーションにつながりやすく継続できるでしょう。

まずは簡単なところから始めてみてください!